プラセンタ最安値で購入!今売れているのはこの5商品

効果的なプラセンタを最安値で購入する方法をお知らせしています。各プラセンタ商品の比較致しました。。馬プラセンタ、豚プラセンタなど同じプラセンタでも商品効果などは一般の人にはわかりにくいです。プラセンタ商品を比較しさらにどこで購入すればお得なのかを比較出来ます。

  • トップページ

プラセンタ最安値で購入する方法をお調べするサイト!

ずは売れているプラセンタを調査!

 
1位 プラセンタ

馬プラセンタサプリと幹細胞美容液 お試し初回限定お試価格2,980円

モンドセレクション金賞受賞! 45日返金保証 徹底した品質管理に国内工場で全て生産し、無添加 ・朝スッキリしない・なんとなくどんよりした印象・みずみずしい印象に憧れ・メイクを変えようか考えてしまう・若いころとは違う悩みが増えた →グロースファクターが足りない。 こんな方におすすめです。
 

2位 100万人のプラセンタ

100万人のプラセンタ  初回980円送料無料 

美容サプリランキングで楽天1位を継続 馬プラセンタではなく、あえて「豚」プラセンタを選択・原料の飼育(抗生物質を一切使用していないエサのみ使用)からサプリの製造まで一貫して国内生産で完結しております。・プラセンタエキス末の有効成分の濃度が圧倒的に高い。医薬品レベルの高濃度・吸収効率が違う。バイオペリン、コエンザイムQ10を配合し、腸内での吸収効率、更には細胞レベルでの吸収効率がUP。

3位 CoCoRoプラセンタ

CoCoRoプラセンタ お試し価格7,600円送料無料

CoCoRoプラセンタは 北海道産限定牧場のサラブレッド(馬)プラセンタを純度100%使用した、国産 高濃度 馬プラセンタサプリメント。 販売開始から10年 ・累計販売数181,000個突破。 ・高品質な北海道産・馬プラセンタを1粒に150グラム配合

4位

プラセンタファイン 初回980円送料無料!

美魔女グランプリの山田佳子さんも愛用している最高級馬プラセンタブランド。 プラセンタサプリメントとして最高級と言われる北海道産サラブレッド100%純末を使用し発売から約5年が経過した今も多くの支持を集めるヒット商品です。

5位 ピュアプラセンタ10000

ピュアプラセンタ10000 初回定期購入で1,990円送料無料!

楽天ランキングジャンル別1位獲得のピュアプラセンタ10000です。 定期購入以外で購入する場合でも会員登録すれば200円オフですので、 モール系でお買い物するより安くなります。 最近の傾向としましては、200円オフ初回43%オフ定期購入、楽天ヤフーショッピングには定期購入制度がありません。

プラセンタ効果 そもそもプラセンタとは


ちょっと前からプラセンタの美容関連商品がテレビ、雑誌で話題になっています。私も最近まではなぜいいかわかりませんでした。調べて見ると。そもそもプラセンタとは人間、動物の胎盤の事らしいです。

通常胎盤は妊娠中の胎児を包む羊膜と子宮とを結ぶところに位置する円盤状の妊娠中に臨時につくられる臓器で胎児の各種臓器の代行をするものです。胎児はまだ肺、肝臓、腎臓、脾臓、小腸といった臓器の機能をまだ備えていないためその代わりをするそうです。受精卵がわずか10ヶ月でみごとな赤ちゃんに成長するのは胎盤プラセンタが影響してるといえるでしょう。

現在の医学界でもこのプラセンタが細胞を拡張させる方法でいろんな薬を開発してるということです。
 

プラセンタは安全なのでしょうか?

安全性の基準をクリアしてるから大丈夫です。しっかりと管理された品質を選ぶ基準としてSPF豚があります。SPF豚は、日本SPF豚協会によって厳格に定められた基準で、抗生物質を与えずに飼育され厳格に管理された環境下で飼育された豚から採取するプラセンタです。不純物が混じりにくく、品質が高いことが特徴です。

また、(公財)日本健康・栄養食品協会の認定マーク「JHFAマーク」がついているかどうかも品質の参考になります。 「JHFAマーク」がついているプラセンタ製品は、協会で規定した品質規格基準を満たしたプラセンタエキス純末を使用し、徹底した品質管理のもと製造を行い、安全性試験(残留農薬試験、微生物試験等)をクリアしたものです。
 

プラセンタ動物種類は


プラセンタには豚・馬・羊などが使用さあれています。豚プラセンタが多く使用されています。これは他の動物に比べて大量に胎盤を採取することが可能なので、安定的に供給できるからにほかなりません。豚は一度に子供を産みますが馬は1生に1回しか出産しない為その分高価です。馬は厚く丈夫な胎盤を持っています。
ヨーロッパや北米で人気の高いプラセンタが羊プラセンタです。 
羊も病気にかかりにくい動物なので安全性は高いものの、日本においては、狂牛病問題以降、流通量が極端に少ないので、羊プラセンタ商品をあまり目にできないのが現状です。